上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『来週マドリッドで行われるWTAツアー最終戦に出場するシングルス8人とダブルス4組が全て確定した。その年のチャンピオンズ・レース・ポイントで上位8人の選手だけが集まって、真の女王を決定するツアー最終戦シングルスには、先週末時点で6人が決定していたが、この週末をもって新たにM・ヒンギス(スイス)とK・クレイステルス(ベルギー)が出場権を確定し、8人が出揃った。

シングルス:
J・エナン=アルデンヌ(ベルギー)
M・シャラポワ(ロシア)
A・モレスモ(フランス)
S・クズネツォワ(ロシア)
N・ペトロワ(ロシア)
E・デメンティエワ(ロシア)
M・ヒンギス
K・クレイステルス

ダブルス:
L・レイモンド(アメリカ)&S・ストザー(オーストラリア)
鄭潔(中国)&ヤン・ツー(中国)
C・ブラック(ジンバブエ)&R・スタブズ(オーストラリア)
K・ぺシュキ&F・スキアボーネ         』


ダブルスの杉山は惜しくも5位に終り、残念ながら出場はなりませんでした・・。
スポンサーサイト
昨日妻の実家に遊びに行った時のこと。

実家では猫を飼っているんだけど・・正確には飼い始めた。・・その猫は“ロシアンブルー”“リンちゃん”
でも昨日はリンちゃんを抱っこしてから鼻がムズムズ。
クシャミも出てきた。

実はアレルギー。
スギ、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ハウスダスト、ネコ
こう並べるとダメなもの沢山あるな~。

でも犬も猫もカワイイんだよな。


『ジェネラーリ女子(賞金総額60万ドル、ティア2、インドア)は日曜日決勝が行われ、第1シードのシャラポワが第2シードのN・ペトロワ(ロシア)を7-5, 6-2で下し、今季5度目、通算15回目のタイトルを手にした。

USオープンで優勝して以降負け知らず(クレムリン・カップでは怪我による棄権)で16連勝中のシャラポワは、同オープンを含む最近の4大会のうち3大会で優勝。これで世界ランキングもJ・エナン=アルデンヌ(ベルギー)を抜いて2位に躍り出た。現在世界ランキング1位のA・モレスモ(フランス)を超えて年末ランキング1位になるには、マドリッドでのツアー最終戦で優勝する必要がある。』


シャラポアは今年の最後でランキングが1位になることはすごいことだけれど、自分にとっては重要なことではない、と言っていました。(直接本人から聞いたわけではありませんが・・・)
みんなの記憶に残るのは、年間1位よりもグランドスラムの優勝者でしょ、とも言っています。
それにしても最近のウェアーは一昔に比べると華やかですね~。
休みだったので川崎の“ラゾーナ”にショッピングに行きました。
スクールの会員さんに言わせると、僕は新しい物好き?らしい。
新しくショッピングモールが出来ると真っ先に行くからかな。。

200610302112000.jpg

今日買ったもの。クツにインナー。


お義母さんが作ってくれた“帽子”
手前味噌ながら似合っているのでケータイカメラで撮っちゃった。
200610301824000.jpg

実家のネコちゃんと闘ったあとなので半べそかいてます。
好きな映画

『羊たちの沈黙』
D111915383.jpg

『ハンニバル』
TDV-2632D.jpg

『レッドドラゴン』
UNPD-36007.jpg
この3作は映画も原作も観ました。
アンソニー・ホプキンスの重圧感がすごいです。
実在するのではと思わせられます。



これは泣きました。
『半落ち』
D0037278.jpg
ちょっと前の映画ですが・・。
二度観たけど、二度泣きました。
寺尾聡いいです。“ルビーの指輪”も好きです。
今日は見事に雨予報はずれ!!
気象予報士さんには申し訳ないですが、みんな喜んでました。
テニスが出来たからっ!!

僕はテニスを始めてずーっとシングルバックハンド
軟式の名残かな。

ダブルハンドバックストローク
勿論、形だけは打てますが・・・。

ダブルハンドで自分のテニスはした事がありません。
変えてみようかな。。

さて“今日は何の日?”
毎月29日は「肉の日」らしいです。
29・・・にく・・・肉。
語呂合わせですね。

他には10月29日は
1923年 トルコ共和国成立
1945年 第1回宝くじ発売


10月29日の誕生日
1973年 前園真聖(サッカー)
1968年 つんく(シャ乱Q・ミュージシャン)
1965年 高嶋政宏(俳優)
1960年 中村福助(歌舞伎俳優)
1956年 周防正行(映画監督)
1955年 志穂美悦子(女優)
1951年 小倉一郎(俳優)
1949年 ポール・オーンドーフ(プロレス)
1947年 リチャード・ドレイファス(俳優)
1945年 小栗康平(映画監督)
1942年 浜畑賢吉(俳優)
1939年 水野英子(漫画家)
1935年 高畑勲(アニメ映画監督)
1921年 坂倉芳明(経営者)


のようです。
2006.10.28 『DEATH NOTE』
昨夜、『DEATH NOTE』をTVでやっていたね。
観ちゃった。。news_0926.jpg



映画自体の評価は人それぞれだろうから、あえて書かない。
原作は読んだ事が無いんだけど、結構観ちゃった。

今日ジュニアの子に
「フルネーム教えたらデスノートに書かれるぜ。」
って言ったら
「そんなノートある訳ないじゃん!」

・・・つれないナァ。
もっと乗ってくれてもいいのに。
僕のほうがガキだったか・・・。
もうすぐハロウィンですね。

ハロウィン【Halloween】ハロウィンとは、万聖節(11月1日)の前夜祭にあたる行事のことで、10月31日に行われます。
もともとは2000年以上昔のケルト人の宗教的行事が、キリスト教に取り入れられたようです。
「万聖節」は、日本ではお盆のようなものをイメージしてもらえば大丈夫だと思います。 過去に亡くなった人が、この日にはよみがえると考えられています。
万聖節=“All Saints' Day(Hallowmas)”のイヴの日なので“All Hallow Eve”から“Halloween”になったとも言われています。

ハロウィンと聞いて真っ先に思い出すであろう仮装は、家のまわりを徘徊する悪霊たちが、その姿を見て驚いて逃げていくようにするためだったとか。
この世に戻ってくる魂は悪い霊だと思われていたからです。この悪い霊たちは生きている人にいたずらをしたり、悪運をもたらしたりすると考えられていました。
これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。


去年、ハロウィンの日にディズニーランドに行ってきました。
ランド到着するまで迂闊にもその日がハロウィンだとは思わず・・・。
仮装した人たちが(ほぼ全員)沢山!
私服で行ってしまった私はちょっと浮き気味。
みんな今日の為にドレスを作った??のかな。
パレードが始まった時は誰がダンサーで誰が観客だか分からず・・。

今度行く時は必ず仮装しようと誓いましたヨ。
激混みだったけど、めちゃめちゃ楽しかったなー。
家に帰ってTVをつけたら・・うんっ?ビールかけ?
気づいたら日ハムが優勝してた。



『プロ野球日本シリーズは26日、札幌ドームで第5戦が行われ、日本ハムが中日に4-1で逆転勝ちして通算4勝1敗とし、1962年に前身の東映が日本シリーズを制して以来44年ぶり2度目、日本ハムとしては初の日本一になった。
 敵地ナゴヤドームで第1戦を落とした日本ハムは、第2戦を奪ってタイに持ち込み、本拠地・札幌ドームでの第3、4戦も連勝。王手をかけて臨んだこの試合は5回に金子が同点スクイズを決め、6回にセギノールが勝ち越しの2点本塁打を放った。先発のダルビッシュも力投。初めて北海道で開催された日本シリーズで、一気に頂点へ上り詰めた。
 本拠地を札幌に移して3年目。北の大地に初の栄冠をもたらしたナインが、今季限りで引退する新庄らを胴上げすると、4万2030人を集めた札幌ドームが歓喜に酔いしれた。
 シリーズ最高殊勲選手には日本ハムの稲葉外野手が選ばれた。』 


44年振りか~生まれてないな。

1962年の出来事
◆東京の常住人口が推計で1000万人突破。世界最初の1000万都市となる。
◆テレビの受信契約が1000万台を突破し、本格的なテレビ時代に突入する。
◆「芸術生活」創刊。
◆第1回国際刑像展開催。
◆東京国立博物館に法隆寺宝物館竣工。
パリで日本文人画展開催。
日本美術家会館開館。
◆ローマに日本文化会館開館。
日本広告技術協議会設立。

テニス界は
1962年 ロッド・レーバーが1年間ですべての4大大会に優勝を遂げ、男子テニス選手としてドン・バッジ(1915年 - 2000年)以来24年ぶりの年間グランドスラムを達成した。

う~ん、そう考えると44年振りの優勝すごいな。
今週火曜日に同じ系列スクールの“高島平インドア”で試打会が行なわれました。
全部で5メーカーのラケットを試打しましたが、
今日ご紹介するのはこの1本!(TVショッピングじゃないですよ)



ウィルソン・N2
これは日本人に合わせて日本で作られた完全日本オリジナルモデルです。(因みに海外発売モデルはフェースの形状が違うらしい・・)
n-codeシリーズでn1,n3・・とありますが、その路線とはちょっと違うと思ってください。

最近多い“跳び過ぎる厚ラケ”ではなく、昔の厚ラケのイメージ。
試打した感じは「見た目よりも打てる」感じ。
跳びすぎないので結構振れます。



『カッパの飼い方』っていう漫画知ってます?

内容は・・・
時は昭和40年代、世の中は高度経済成長を終え、本当の豊かさを求め始める人々の間で、ちょっとした河童ブームが起こっていた。都会でひとり暮らしをする「私」も、この度、新しい家族として仔河童の「かぁたん」を迎えることにした…。

ペットを飼ってる人、飼おうかなと思ってる人はオススメです。
小学校の時に夏休みに遊びに行った田舎の“ゆっくりな時間の流れ”を感じます。

か・な・り 癒されます。
2006.10.25 『クロス』
今日は正しく“秋晴れ”
昨日までの雨が無かったことかのよう。


昨日高島平に行った時、僕が前にいた“CA浦和”のアルバイトコーチも来ていた。僕が相模原に異動になってから全く会ってないから半年近くなるかな。
彼の名前は“くろす”くん。
一緒に組んでレッスンをやっていた時も、
「クロスにボールを打ちましょう!」
「黒須に!?」
と会員様に突っ込まれていたヤツ。

その彼が浦和のフロントバイトスタッフから僕宛の手紙を持って来てくれた。
クロスが僕に会う、というので態々手紙をしたためてくれたらしい。

嬉しかったなー。
人の繋がりって大事だね。

この前受けた講義の心理学カウンセラーの先生が言ってたな。
「一番の苦しみは、孤独で誰にも理解されないことだ」

人の繋がりって大事だね。
ATPテニスマスターズカップ

1年を締めくくる大会ですね。
チャンピオンレース獲得ポイント上位8名でラウンドロビン→トーナメントが行なわれます。

一般的な“草トー”は予選ラウンドロビン、本選トーナメントで行なわれる場合が多いですから、このシステムは馴染みやすいのではないでしょうか。。
そこで一つNEWS



11月に上海で行われるATPの最終戦であるマスターズ・カップに、I・リュビチッチ(クロアチア)とA・ロディック(アメリカ)が出場権を獲得することが確定した。

今年のポイント・レースで上位8人の選手によって争われる最終戦には、この日曜日の段階では同レース1位のR・フェデラー(スイス)と同2位のR・ナダル(スペイン)のみが出場権を確保しており、残り6枠は今週と来週の成績如何となっていた。

同レース3位のリュビチッチは、今週は大会に出場していないが、同8位のT・ロブレド(スペイン)が火曜日サンクトペテルブルグ・オープンで1回戦敗退を喫してしまい、それにより自動的に出場権が確定した。
同じく同レース4位のロディックも、今週は休養をとっているが、リヨン・グランプリに出場の同10位M・バグダディスが火曜日1回戦敗退した時点で出場権を得た。

リュビチッチとロディックの出場が決まったことにより、残る切符は4枚となり、それをめぐって上位選手の戦いしのぎを削ることとなる。



ちなみに女子はWTAツアーチャンピオンシップ といいますね。
2006.10.25 『試打会』
昨日は“高島平インドア”にて試打会でした。
各事業所のコーチ陣が集まり、総勢数十名。
各メーカーさんの商品説明~実際に試打で様々なラケットの情報を得てきました。
200610241347001.jpg
200610241346000.jpg


デジカメを持っていったのですが、途中でバッテリーが無くなり…不覚でした。。
仕様が無くケータイでパシャ。
画像はウィルソンとプリンスだけですが、他にはヨネックス、ダンロップ、ヘッドのラケットを試打してきました。

NEWテクノロジーを搭載しているラケットもあり、俗に言う後継機種ありですが、ラケットの本質は言葉で語るより実際に打ってみないとです。

200610241347000.jpg

↑お世話になっている佐野さんです。

ラケットの性能でストレスを感じながらテニスなんて…ナンセンスですよね。
自分に合ったラケットを使うのが一番です。
本当によく降りますね~。
こんなにまとまって雨が降るのは久しぶりです。

今日は相模原のスクールに向わず、年末に行われる
“ラケットキャンペーン”

のメーカー合同試打会&会議の為、直接高島平インドアテニススクールに向います。

今日は朝のコーヒーもしっかり飲めたので気分爽快。
各スクールのコーチ陣が一堂に会することはそう無いことなので・・張り切って行ってきます。

会員さんから「俺に合ったラケットを見つけてくれ!」と言われてますので、たくさんの会員様の顔を思い浮かべながら試打してきます!

2006.10.23 『健康診断』
今日は朝から・・・昨日の夜から雨。
レッスンは出来なかったようです。

休みの私は今日は健康診断に行ってきました。
朝の8:30の予約で(休みなのに早起きでした)家から1時間かけて会社指定のクリニックに行ってきました。

毎度ですが、どうも病院と名の付くものは苦手で・・・。
しかも健康診断なので朝から嗜好品は何も口に出来ない。
朝のコーヒーが飲めないのが辛かった~。
自動販売機の誘惑に負けそうになりました。

バリウムを飲んだのは2度目。
ゲップ(きたなくてスミマセン)を我慢が今日の最大の山場でした。
胃部検査で絶叫マシーンと闘いましたが、無事何事もなく1時間程で終了。

後は結果を待つのみ。
まぁ大丈夫だろうな~。


マドリッド・テニス・マスターズ 決勝
R・フェデラー (1) ○-× F・ゴンサレス (10), 7-5, 6-1, 6-0

フェデラーは「準決勝以降は、必要なときにエンジンをかけることができた。だからとっても満足している。」とコメントしています。
「必要なときにエンジンをかけることができる」・・すごいですね。

チューリッヒ・オープン 決勝は・・・
M・シャラポワ (2) ○-× D・ハンチュコバ, 6-1, 4-6, 6-3
久々の決勝でしたが、D・ハンチュコバ。
「久々の決勝で1stセットは興奮しすぎた」と反省していた様子です。72238126.jpg

今、一つレッスンを終えてきました。
いや~良い天気良いテニス日和ですヨ。
沢山ラリーしてきました。

明日は健康診断なのです。
その話しをレッスンで人生の諸先輩方にお話したら・・・

「コーチ、そりゃ今日飲んだ方がいいよ。」
「ここ数日健康にしてたってダメだよ。」


・・・だって。
確かに、と納得させられてしまったけど。。。
いかんいかん、今日は飲まずに直帰するぞ!


日本シリーズは中日が先勝。
短期決戦の日本シリーズは1戦目を取ったチームが勝つ確率が高いので・・・どうなるでしょう?

テニスの“マドリッド・テニス・マスターズ”は準決勝
R・フェデラー (1) ○-× D・ナルバンディアン (4), 6-4, 6-0 52979595.jpg
F・ゴンサレス (10) ○-× T・ベルディフ (11), 6-3, 6-1
フェデラーはスコアを見る限りではスイッチが入った感じ!?

場所はスイスに移してチューリッヒでは“チューリッヒ・オープン”
M・シャラポアvaD・ハンチュコワの決勝です。
72198322.jpg

D・ハンチュコワは今大会ノーシードから勝ち上がって、ここまでセットを落としていませんが・・対戦成績はM・シャラポアの4勝1敗。
さてどうかな・・?


ディープインパクトは吃驚させられましたが、どうやらディープ陣営には過失が無いという事で落ち着きそうですが・・・なんかしっくりこないんだよなー。
因みに今日は“菊花賞
2年連続の3冠馬誕生なるか!といった感じですね。
マドリッド・テニス・マスターズ 準々決勝

R・フェデラー (1) ○-× R・ジネプリ, 6-3, 7-6 (7-4)
T・ベルディフ (11) ○-× R・ナダル (2), 6-3, 7-6 (8-6)
D・ナルバンディアン (4) ○-× M・サフィン, 6-4, 6-7 (6-8), 7-6 (7-2)
F・ゴンサレス (10) ○-× N・ジョコビッチ (15), 7-5, 5-7, 7-5

71606773.jpg

ナダル負けちゃいました。
今年8月にも対戦していますが、ベルディフに負けています。
これで二人の対戦成績はナダルの1勝3敗。
プレーの相性ですかね~。
2006.10.20 『おまけ』
200610191810000.jpg

ジョージアの缶コーヒーにおまけで付いてくるヤツ。
“イナリワン”
決してこの“おまけ”目当てで買ったわけじゃないけど。

“おまけ”が付いてるとついついね、手がのびちゃうんです。

典型的な日本人なのかな??

マドリッド・テニス・マスターズ ベスト8が出揃いました。

勿論第1シードのR・フェデラー(スイス)vsR・ジネプリ(アメリカ)
昨年同大会覇者R・ナダル(スペイン)vsT・ベルディフ(チェコ共和国)
D・ナルバンディアン(アルゼンチン)vsM・サフィン(ロシア)
F・ゴンサレス(チリ)vsN・ジョコビッチ(セルビア)

・・・ロディックは負けちゃいましたね~。最近は怪我に泣かされています。

フェデラーはこれで今季通算79勝5敗。昨年は通算81勝4敗であり、あと1勝で2年連続80勝の快挙を達成する。同様な快挙としては以前にはI・レンドル(アメリカ)が1981年~82年に96勝14敗、106勝9敗という驚異的な記録を持っている。」・・・です。

フェデラーは前の試合 7-6 7-6 のスコアで勝ち上がりました。
フェデラーは以前は誰もポイントが奪えない的な強さがありましたが・・最近は競っても大事なポイントが奪えない的な強さを感じますね。
aflo_200610052123525.jpg

2006.10.20 『突発』
昨日、babyの39度の熱もようやく下がった様子なんだけど、そうしたら発疹が身体中に出てきた。
やはり“突発性発疹”だったらしい。

テニスコーチとしては十数年の経験があるけど・・“親父”としては半年。
分からないことだらけなので調べてみた。

○突発性発疹
生後4カ月ごろから1歳ごろまでの赤ちゃん時代に代表的な病気です。
ウイルスによる感染症ですが、感染力は弱く流行もしません。2回以上かかる赤ちゃんもいます。

■症状と経過
いきなり39度前後の熱が
急な発熱から始まるのが特徴で、生まれて初めての発熱をこの病気で経験する赤ちゃんも多いようです。
熱は39度前後の高熱が出ます。鼻水やせきなどのかぜのような症状はほとんどなく、熱が高いわりには、赤ちゃんの機嫌はそれほど悪くありません。
多くは食欲もありますが、赤ちゃんによっては飲みが悪くなったり、夜泣きをすることも。下痢を伴うケースもかなりあります。

■熱が下がり同時に発疹が
高いまま2~3日続いた熱は突然下がり、ほぼ同時に発疹が出ます。熱のある間は発疹は出ず、下がるのを待っていたかのように出るのです。
この時点でようやく突発性発疹の診断がつけられます。
発疹は赤くて細かく、顔と胴体を中心に出るのが特徴です。部分的に出ることもありますし、全身に出ることもあります。
2~3日で徐々に茶色いしみになって消えていきます。かゆみなどを伴うことはありません。
下痢があった場合も、4~5日で治まります。


らしい。
熱は下がったけど、まだご機嫌ナナメ なんだよね~。


実は高所恐怖症なんです。。。

こんな事↑絶対出来ない!
所謂絶叫マシーンはちょっとね・・・ちょっとじゃないか結構苦手。

前に“ディズニーシー”“センターオブジアース”に乗って腹筋攣っちゃった・・。


ようこそ!
最近は気温差が昼夜、日によって差が大きいから風邪が流行っているのかな??
小学校でも流行ってる??
僕は相変わらず花粉にやられ気味だけど、今日は平気だった。
鼻はムズムズしたけど・・。

話しは変るけど
REClogo.gif

これは僕努める会社のロゴ。
ネットで見つけてね。“レック”がキーワード。
見つけたら・・・何も出ないけど。
今日も天気が良かった!

朝のレッスンも気持ちが良かったのだけど・・・
花粉症かな??
クシャミが止まらない。
この時期だと・・・“ブタクサ”かな?

球出しをしながらクシャミ。。
みんなにだいぶ笑われた・・・。


昨日からBabyが熱を出してる。
39度
誰もが通る道だから心配はしてないけど・・・ちょっと心配。
2006.10.17 『講習会』
昨日は都内某所で開かれた講習会に参加してきました。
9:30~10:00の間に受付だったのですが、駅到着は9:00.
時間厳守がモットーですから。

ところが駅から会場までに軽く迷子になってしまい・・・。
早く到着しておいて良かった~。

一日椅子に座っていることは日常そんなに無いので、お尻が痛かったですが、面白い講義もありました。

初めて“心理カウンセラー”の先生の話を聞きましたが、心理学って結構複雑だと思っていましたが、面白可笑しく聞けました。
コミュニケーションは・・・いかに素直になれるか!
だそうです。
もっと勉強してみようかな~。
今日も一日お疲れ様でした。
まだコーチスタッフはコートで練習をしていますが、私は先程から専らデスクワークでした。

クールダウンの話

さて運動前ウォーミングアップの重要性は前に書きましたが、運動後はというと・・・。
コートで練習終了後「いや~今日も良く走った!さて早く飲みに行くか!」
・・・ちょっと待って下さい。
何か忘れていませんか?
クールダウンです。

以下解説
●クールダウン
基本的には低強度の運動による動的回復であり、主運動により高められた身体機能を素早く安静状態に回復させるのがクーリングダウンのねらいです。有酸素運動、特に激しい運動を突然止めてしまうと静脈での骨格筋による静脈血を心臓へおしこむポンプ作用が失われ心臓への血液量は減るが、呼吸心拍数は急に減少しない為、二酸化炭素が血中に過剰排出され心臓から全身に送られる酸素を含む動脈血量が減り不足してしまうので意識損失、めまい、ひどい時には冠動脈性の心疾患を引き起こしてしまいます。クーリングダウンでの運動エネルギーとして運動によって引き起こされた疲労物質である乳酸を使うことにより乳酸が除去されていき、疲労回復を促進します。運動内容は軽いジョギングやストレッチ、体操を組み合わせたものでいいでしょう。


とあります。
私のスクールではレッスン終了後は必ずコーチ、会員様一緒にクールダウン目的のストレッチ運動をやっています。

次の日に疲れを残さない為に、今後の怪我の予防の為に、美味しいBeerを飲む為に??クールダウンをしましょう。
あっ、ちなみに運動後の水分補給にアルコールは危険ですからね。

スポーツドリンクでしっかり水分補給をした後に美味しいBeerです。
やはり朝晩は肌寒くなってきましたね。
これからの時期は準備運動不足による怪我に気を付けないと、です。

ウォーミングアップの話

●関節の滑液を分泌させるウォーミングアップは、スポーツを行うために筋肉を適した状態に準備することに役立ちます。
私たちの体は、体温があるレベル以上になった時に機能が高まるようになっています。例えば関節には、関節の動きを滑らかにするための潤滑剤の役割をする「滑液」というものが分泌されるようになっています。この滑液は、体温がある一定の温度以上にならないと分泌されません。
ウォーミングアップをする前に体が固く感じる原因の一つは、関節に滑液が十分に分泌されていないからです。十分にウォーミングアップをしないで動くということは、関節の動きがぎこちないうちに運動するということになります。これは、スムーズなプレーを妨げるばかりか、ケガの原因にもなります。

冬場コートに出てさあ準備運動!・・・これはストレッチ効果が無いということです。
まずは体温上昇させてからストレッチングをしましょう。

体温上昇による滑液の分泌→ストレッチで筋肉を和らげる(体幹の緊張状態の開放)→筋肉を引き締めなおす
といった手順です。

ストレッチで筋肉を緩めた状態のままだと逆に怪我をしやすくなります。

さあこれで怪我予防をして思いっきりテニスです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。