上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり朝晩は肌寒くなってきましたね。
これからの時期は準備運動不足による怪我に気を付けないと、です。

ウォーミングアップの話

●関節の滑液を分泌させるウォーミングアップは、スポーツを行うために筋肉を適した状態に準備することに役立ちます。
私たちの体は、体温があるレベル以上になった時に機能が高まるようになっています。例えば関節には、関節の動きを滑らかにするための潤滑剤の役割をする「滑液」というものが分泌されるようになっています。この滑液は、体温がある一定の温度以上にならないと分泌されません。
ウォーミングアップをする前に体が固く感じる原因の一つは、関節に滑液が十分に分泌されていないからです。十分にウォーミングアップをしないで動くということは、関節の動きがぎこちないうちに運動するということになります。これは、スムーズなプレーを妨げるばかりか、ケガの原因にもなります。

冬場コートに出てさあ準備運動!・・・これはストレッチ効果が無いということです。
まずは体温上昇させてからストレッチングをしましょう。

体温上昇による滑液の分泌→ストレッチで筋肉を和らげる(体幹の緊張状態の開放)→筋肉を引き締めなおす
といった手順です。

ストレッチで筋肉を緩めた状態のままだと逆に怪我をしやすくなります。

さあこれで怪我予防をして思いっきりテニスです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。