上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.20 『突発』
昨日、babyの39度の熱もようやく下がった様子なんだけど、そうしたら発疹が身体中に出てきた。
やはり“突発性発疹”だったらしい。

テニスコーチとしては十数年の経験があるけど・・“親父”としては半年。
分からないことだらけなので調べてみた。

○突発性発疹
生後4カ月ごろから1歳ごろまでの赤ちゃん時代に代表的な病気です。
ウイルスによる感染症ですが、感染力は弱く流行もしません。2回以上かかる赤ちゃんもいます。

■症状と経過
いきなり39度前後の熱が
急な発熱から始まるのが特徴で、生まれて初めての発熱をこの病気で経験する赤ちゃんも多いようです。
熱は39度前後の高熱が出ます。鼻水やせきなどのかぜのような症状はほとんどなく、熱が高いわりには、赤ちゃんの機嫌はそれほど悪くありません。
多くは食欲もありますが、赤ちゃんによっては飲みが悪くなったり、夜泣きをすることも。下痢を伴うケースもかなりあります。

■熱が下がり同時に発疹が
高いまま2~3日続いた熱は突然下がり、ほぼ同時に発疹が出ます。熱のある間は発疹は出ず、下がるのを待っていたかのように出るのです。
この時点でようやく突発性発疹の診断がつけられます。
発疹は赤くて細かく、顔と胴体を中心に出るのが特徴です。部分的に出ることもありますし、全身に出ることもあります。
2~3日で徐々に茶色いしみになって消えていきます。かゆみなどを伴うことはありません。
下痢があった場合も、4~5日で治まります。


らしい。
熱は下がったけど、まだご機嫌ナナメ なんだよね~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。