上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ATPテニスマスターズカップ

1年を締めくくる大会ですね。
チャンピオンレース獲得ポイント上位8名でラウンドロビン→トーナメントが行なわれます。

一般的な“草トー”は予選ラウンドロビン、本選トーナメントで行なわれる場合が多いですから、このシステムは馴染みやすいのではないでしょうか。。
そこで一つNEWS



11月に上海で行われるATPの最終戦であるマスターズ・カップに、I・リュビチッチ(クロアチア)とA・ロディック(アメリカ)が出場権を獲得することが確定した。

今年のポイント・レースで上位8人の選手によって争われる最終戦には、この日曜日の段階では同レース1位のR・フェデラー(スイス)と同2位のR・ナダル(スペイン)のみが出場権を確保しており、残り6枠は今週と来週の成績如何となっていた。

同レース3位のリュビチッチは、今週は大会に出場していないが、同8位のT・ロブレド(スペイン)が火曜日サンクトペテルブルグ・オープンで1回戦敗退を喫してしまい、それにより自動的に出場権が確定した。
同じく同レース4位のロディックも、今週は休養をとっているが、リヨン・グランプリに出場の同10位M・バグダディスが火曜日1回戦敗退した時点で出場権を得た。

リュビチッチとロディックの出場が決まったことにより、残る切符は4枚となり、それをめぐって上位選手の戦いしのぎを削ることとなる。



ちなみに女子はWTAツアーチャンピオンシップ といいますね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。