上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.29 『ひな人形』
今日は雛人形を見に行きました。
2月1日で1歳になる娘の初節句なので。

自由が丘にある人形店を訪ねました。
いろいろありますね~。
話を聞いて、ちょっと人形について詳しくなった錯覚がします、
200701292010000.jpg

顔も一体一体違うんですね。
それで決めたのがこれ↑

そこで雛人形を何故飾るのか??
調べて見ました。

『平安時代、紙や草、木で作った簡単な人形(ひとがた)に自分の厄や災いを移して川や海に流した「流しびな」と、お祓いの道具としての人形で、当時の少女が道具を持たせて遊んだことが「ひいな遊び」です。それらが結びついたのがひな人形のルーツです。
名医や良薬の少ない時代には、抵抗力の少ない赤ちゃんが病気や怪我をすることがないように人形に身代わりになってもらっていました。現在では、人形の段々と華やかになり、女の子が健康的で美しく、心豊かな女性に育ち、人生の幸福をえら得るよう、家族の願いを込めて飾る「お守り」へと変化しました。』


・・・のようです。
日本の文化・伝統が受け継がれているんですね~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。