上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日自分のラケットのガットを張り替えたんだけど・・。
何かしっくりこない。
いつもはテンションを緩めに張ることが多いんだけど(ちなみに95sq.inchに42~45ポンド位)、今回は55ポンドで張ってみた。
勿論自分のガットは自分で張ります。


ちなみにガットとは・・・
昔は、針金を使っていたときもあったようですが、日本でテニスが一般的になった頃、ガットといえばほとんどはナチュラルシープしかなかったんです。
ナチュラルシープとは、羊の腸を細く切って乾燥させ、それをよって蝋(ろう)で固めたものです。
これが “gut” の語源です。
今のナチュラルガットは牛の腸を同じようによってコーティングされたものです。
ストリング“string”は、辞書を引くと「紐」「糸」。なのでナイロン素材のものは正しくは“ストリング”ですね。
でも多くの人がナチュラル素材のもの、ナイロン素材のもの、(後は最近だとハイブリッドなんかもありますが)をすべて“ガット”と呼んでいますから、そっちの名称の方が分かりやすいのかな。。



今日レッスンと練習で使ったけど何かしっくりこない。
ちょっと硬すぎたな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。